近くの総合病院のこと

母と私は、この町に移住してきてから40数年間、徒歩6分と近い個人総合病院に通院していました。リュウマチの治療で有名な病院で、プール治療が評判でした。ご夫妻ともに医師で、院長の旦那様は優しく心配りの効く方、理事長の奥様はバリバリのやり手。

良いコンビだったと思います。母は血圧の症状で、3回入院しましたが、その内の2回は救急車で直接交渉しての入院でした。院長の「長いお付き合いの患者さんには、なんとか便宜を図らないとね」の言葉と、なんとかベッドを工夫してくれたときの対応は、本当に嬉しかったことを覚えています。

病院は近いところが一番です。通院も、入院の見舞いも、苦にはならないからです。この病院も他のところと同じように、老人が多く、経営難だったらしいのですが、私は何が原因かは分かりません。

医療制度の難しいことは分かりませんが、近いところにある総合病院は貴重です。大きな大学病院などでは、混んで大変ですし、予約もとても先のことになります。母は92歳で肺炎にかかり、この病院で逝きましたが、近いので毎日通えましたから後悔はしていません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ